個人情報保護方針


株式会社○○○○(以下、「当社」という)は、当社の主業務である○○事業において取り扱う個人情報の保護が当社にとって重要な責務であることを認識し、当方針を制定し全従業員に周知徹底すると共に、確実に実行します。

 

1. 個人情報保護方針の目的
個人情報保護のための「個人情報保護マネジメントシステム」を策定し、全従業員に周知徹底すると共に、これを実施し、維持し、改善し、個人情報の安全性及び信頼性の確保に努めます。

 

2. 個人情報の取扱いについて
当社は、○○業務に関する個人情報の取扱いについて、業務実態に応じた個人情報保護のための管理体制を確立すると共に、社内規程に従い適切かつ慎重に取り扱います。


1) 個人情報の取得について
個人情報を取得する際には、本人に対し利用目的を明確に定めて通知又は公表し、その目的の達成に必要な限度において適法かつ公正な手段を用います。

また、本人より直接書面によって個人情報を取得する場合は、通知文を作成し本人の同意を得るものとします。


2) 個人情報の利用について
個人情報の利用は、本人より同意を得た利用目的の範囲内で行います。また、当社では目的外利用を行わないための措置を講じます。
目的外利用の必要性が生じた場合は、法令により許される場合を除き、その利用について本人の同意を得るものとします。
当社では、個人情報を以下の目的で利用させていただきます。


■お客様情報の利用目的:
・セミナー展示会等のイベントのご案内、商品サービスの情報や宣伝物等のご提供
・商品サービス開発のためのアンケート調査、分析のため
・保守サポートのご提供のため
・○○キャンペーン受託業務の履行のため(顧客との契約に基づき、顧客の依頼事項のみ応じます。)
・ダイレクトメール印刷、発送のため
・各種名簿の印刷、発送のため
・ホームページの運営、会員管理のため


■応募者及び従業員情報の利用目的:
・連絡、情報のご提供及び採用選考
・業務上の連絡、情報交換、勤怠管理、給与の支払い、評価、福利厚生、安全衛生等の労務管理その他労働関係法令、税関係法令及び社会福祉関係法令等に定められた義務の履行
・社内規程に定められた各種手続の受理、履行及び管理
・官公庁、参加団体等への届出・報告
・非常時の連絡

3) 個人情報の外部委託について
当社は、本人に明示した利用目的の範囲内で、個人情報を取り扱う業務を外部委託する場合があります。
委託先に対しては、契約書等で個人情報の取扱いに関する事項を定め、個人情報の安全管理について必要かつ適切な監督を行います。


4) 第三者提供の制限
当社では、当社で取り扱う個人情報を以下のいずれかの場合を除き、第三者に提供いたしません。
・○○ツアー参加者の損害保険加入手続きの場合
・本人の同意を得ている場合
・法令により必要と判断された場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき


5) 個人情報の開示・訂正・利用停止等について
個人情報の開示・訂正・利用停止等(以下、「開示等」という)を希望される場合は、当社の担当窓口までご連絡ください。ご本人であることを確認した上で、遅滞なく回答いたします。
・開示等のお申し出に必要な書類
開示等のお申し出をされる場合、下記の要求書をダウンロードして必要書類の添付
の上、郵送、来社またはFAX にてご請求ください。
「個人情報開示要求書」(PDF)
・開示等の要求書の送付先
本方針「5 苦情及び相談への対応について」の【お問い合わせ窓口】
・開示対象個人情報に関する個人情報保護管理者
個人情報管理責任者:○○(○○部)


3. 個人情報保護に関する法令・国が定める指針その他の規範の遵守について
当社は、確実な個人情報保護の実現のため、個人情報の保護に関する法令及び国が定める指針、その他の規範、行政機関等が定めた個人情報保護に関する条例・規範・ガイドライン等を遵守します。


4. 安全対策の実施について
当社は、個人情報の正確性及び安全性を確保するために、情報セキュリティ対策をはじめとする安全対策を実施し、個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏えい等の予防に努めます。
同時に、事故が発生した場合に備えて、証拠を保全しその原因が追求できるような体制を構築するとともに、万一事故が発生した場合でも迅速かつ適切に対処して、事故の再発防止等、その是正のため最大限の努力をいたします。


5 苦情及び相談への対応について
当社に対する苦情、本個人情報保護方針の関するご質問等がございましたら、以下に定めるあて先に、氏名、住所、返信用メールアドレス(メールでのお問い合わせの場合)、及びお問い合わせの内容を記載した文書を電子メールまたは郵送にてお送りください。
当社は、お問い合わせをされた方の個人情報を、当社から回答させていただく目的でのみ利用いたします。

 

 

【お問い合わせ窓口】
株式会社○○○○
お客様相談窓口
〒xxx-xxxx 大阪市○○○○
個人情報管理責任者:○○(○○部)
電話:06-xxxx-xxxx
FAX:06-xxxx-xxxx


当社は、下記認定個人情報保護団体の対象事業者です。当社の個人情報の取り扱いに関する苦情・相談は下記相談室でも対応することが可能です。
認定個人情報保護団体の名称:
財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)


苦情解決の連絡先:
プライバシーマーク推進センター 個人情報保護苦情相談室
住 所:〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館
電話番号:0120-700-779 / 03-5776-1379


6. 個人情報保護マネジメントシステムの継続的な改善について
当社は、定期的な内部監査や当社の代表者による見直しを通じて、「個人情報保護マネジ
メントシステム」の継続的な改善に努めます。


7. 個人情報保護方針の公開について
この個人情報保護方針は、当社のWeb サイト(http://www.XXXX.co.jp/)で当社内外に
公開するほか、必要に応じて他のメディアでも公開します。

 

 

制定年月日:○年○月○日
最終改訂年月日:○年○月○日
株式会社○○○○
代表取締役社長 ○○ ○○ 

 

勝手創千界への

コメントはこちらから

 

メモ: * は入力必須項目です

2013年

6月

09日

勝手創千界から世界へ

この世界が持つ多くの問題への解決は待っていては果たせない

より良き社会を目指して我が「勝手自由なる提案」を創り上げていく

そして「勝手創千界」の描く世界から解決に向けての一歩を踏み出す

10 コメント

2013年

1月

01日

勝手にエネルギー論を構築する

人類の行く末は「エネルギー」を如何に獲得していくかである。

日本の社会も経済も「エネルギー問題」の解決抜きには語れない。

6 コメント

2012年

10月

02日

新しいエネルギー開発に向けて

「水危機」と「エネルギー危機」が目前に迫っている。この二つの「危機」だけでも「人類の生存基盤」の危機である。 一刻も早く、地球と人類にとって安全・安心な「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」の開発が求められている。

10年、100年先の「危機管理」として、今から行動しなければ遅いことは明白だ。

「消費社会」から「循環社会」「持続可能社会」「自然共生社会」「エネルギー自立社会」へ向けての「意識改革」と「構造改革」が重要である。

7 コメント

2012年

7月

08日

新しい日本改造に向けて

国の言う「国民のための判断」が本当でないことが明らかにされているいま

国民の持つ価値観として、何が大事で何が大事でないかという判断や、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系の価値判断から、3.11震災を契機にした「新しい価値観」と「国民全体の幸福度」についての「提言」が、いまこそ日本に必要である。

10 コメント

2012年

6月

04日

勝手に発想法を研究する

差し迫る「少子高齢化の縮小社会への突入」「産業の空洞化」「エネルギー問題」「雇用問題」「財政問題」等々・・・日本社会が抱える問題は多岐に渡るが、政治や行政や官僚に「問題解決能力」の欠如が著しい。

さらに日本の技術を支える産業界や学界の「研究開発機関」においても「劣化」が進んでいる。

今こそ「フロンティア精神」と「新しい発想」が連動して「革新的なイノベーション技術」を生み出していくことが必要だ。

6 コメント

2012年

5月

01日

自然エネルギーと共に生きる

日本の自立と未来を切り開くためには、日本の国土に適合した再生可能エネルギーの社会が必要であり、最先端の日本技術を結集して「世界に誇れる日本」を創っていかなければならない。

15 コメント

2012年

4月

07日

勝手創千界から「尊敬される日本」へ

まず、現状のまま進行した100年後の日本の未来を想定し、その想定社会状況から、今必要な「方策」を考えてゆく視点が必要ではないかと思っています。新しい視点が必要です。

「勝手創千界」による「勝手な発想」が「脳内停止」状態の人々に「インパクト」を与えなくてはいけません。

13 コメント

2012年

3月

11日

3.11震災から海上都市計画へ

3.11震災を契機として、日本という国家のもつ様々な問題点が明らかにされ、新しい国家像が求められている。たぶんこのままでは、さらに日本の解体状況は進んでいくだろう。ラブーン海上都市計画がひとつの方向性を提示できればと思う。

8 コメント

2012年

2月

19日

勝手に復興計画 in 石巻を提案

3.11震災からの新しきまちづくりとして「勝手に復興計画 in 石巻」を発進いたします。

6 コメント

2011年

12月

31日

ホームページ開設

3.11震災以降、如何にすれば「津波につよいまち」が可能なのか?考えてきました。

その「ひとつの答え」を提示できればと思います。実現に向けて多くの人の意見を求めています。

4 コメント