ブレードランナーの未来考

 

ブレードランナーの未来考

 

 

 

ブレードランナー


1982年公開のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックのSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(原題: Do androids dream of electric sheep? )を原作としている。

 

 

ストーリー

 

2019年、地球環境の悪化により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ都市部での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発された「レプリカント」と呼ばれる人造人間が、奴隷として過酷な作業に従事していた。レプリカントは、外見上は本物の人間と全く見分けがつかないが、過去の人生経験が無いために「感情移入」する能力が欠如していた。ところが製造から数年経てば彼らにも感情が芽生え、人間に反旗を翻す事態にまで発展した。しばしば反乱を起こし人間社会に紛れ込む彼等を「処刑」するために結成されたのが、専任捜査官“ブレードランナー”である。 タイレル社が開発した最新レプリカント"ネクサス6型"の男女6名が人間を殺害し脱走、シャトルを奪い、密かに地球に帰還し潜伏していた。人間そっくりなレプリカントを処刑するという自らの職に疑問を抱き、ブレードランナーをリタイアしていたデッカードだったが、その優秀な能力ゆえに元上司ブライアントから現場復帰を強要される。捜査のためにレプリカントの開発者であるタイレル博士に面会に行くが、タイレルの秘書レイチェルの謎めいた魅力に惹かれていく。 レプリカントを狩ってゆくデッカードだが、やがて最後に残った脱走グループのリーダーであるバッティとの対決の中で、彼らが地球に来た真の目的を知る事になる。

 


『エイリアン』(1979年)の監督であるリドリー・スコットは従来のSF映画にありがちだったクリーンな未来都市のイメージを打ち破り、環境汚染にまみれた酸性雨の降りしきる退廃的近未来都市像として描いた。そして登場人物たちも悲しく切なく孤独である。


 

映画ブレードランナーが描いた未来の文明社会は、進化した輝かしい未来ではなく、猥雑で混沌とした退廃的未来像として、より現実味を帯びていた。30年前に観た映像感と現在における映像感の違いは、老化した自らの意識の変化と肉体の変化に表れているように、人類の文明は進化ではなく醜く変貌し老化しているのである。

 

 

ブレードランナーが描いた未来都市はまるで東京の繁華街のようであり、不夜城のごとく眠らない町としての喧騒と退廃に満ちている。オフィス街の整然とした高層ビル群と繁華街の無秩序な建物の対比が異様な空間を醸し出し、そこで生きる人々の欲望が渦巻いている。そして人々は秩序ある整然とした未来を求めずに、無秩序で刹那的に生きている。

 

 

情報化社会の本質は情報による人の支配にある。人類社会の成り立ちは、情報こそが全てであり情報によって形成されている。人の五感によって得られる情報によって人の意識が形作られる。そして操作された情報によって、都合よく人を操作できるのである。多くのメディア媒体による情報発信には支配への意図がある。思想の支配の先には抑圧され分断された人々による退廃的な社会が待っている。巨大化されたメディア産業から提供される映像としての情報の意図を知らなければならない。

 

 

人の人生とは誕生し成長し老いて死する流れの中にあり、人の造り出した文明や都市も同様で何時か退廃し終焉する必然の流れの中に存在している。この社会は人の若き時期の活力ある肉体から、時とともに醜く皺だらけになった老人の肉体の如く、老化した権力者たちのもつ醜き支配欲、金銭欲、権威欲という老人性狂気思想が蔓延し、文明は若き自由なる活力を失い精神と物質を含む全てが退廃化していく。この現実の格差社会の行き着く先に、輝かしき未来社会など到来するはずもないのであり、来るはずもないものを描けば嘘をつくことになる。そして支配のための情報操作は真実を隠蔽し、嘘を付くことからから始まる。

 

 

この地球上の多くの生物の中で、人類を特徴づけるものは退廃的なる思想を持つていることであり、それは瞞しの健全さよりも道徳的に堕落しているとされる退廃さのなかに人類文明の持つ真実が観えてくる。支配者自らが思想的に退廃しているにもかかわらず、従属者には規律を求めるのである。それはただ効率良く支配し収奪するためにだけであり、欺瞞なる道徳を強制する。従わない者は強権的に疎外され敗者としての烙印を捺される。しかし支配欲へのアンチテーゼとしての退廃的思考が存在する。そして絶望し退廃した悲しき底辺社会を生き抜く中から、思想が新陳代謝し深化した新生の思想が現出されるという期待がある。

 

 

他者を支配することに疑問を抱かない。他者に支配されていることに疑問を抱かない。情報社会であるがゆえに、様々な情報は自らの知性によってしか処理されないのだが、人の情報処理能力には当然であるがレベルがある。映像で表現される意図も観る側の知的レベルによって評価が異なる。現代社会のあらゆる政治的権力が支配のためにプロパガンダを必要としているし、自らの主張に都合のいい事柄を強調し、悪い事柄を隠蔽しようとするカードスタッキングの情報操作が行われている。高度情報化社会の本質は高度な支配機構の構築にあるのは確かである。そして支配する側と支配される側の果しない争いが退廃した社会と思想を創り出す。

 

  

お前たち人間には信じられない光景を俺は見てきた オリオン座の肩の近くで炎を上げる戦闘艦 暗黒に沈むタンホイザーゲートのそばで瞬くCビーム そんな記憶もみな、時とともに消えてしまう 雨の中の涙のように 俺も死ぬときがきた 。

 

 バッティ

 

 

なぜレプリカントが自分を助けてくれたかは解らない。 おそらく、最後の瞬間、今まで以上に生命の愛しさを感じたからだろう。 自分の命だけでなく、あらゆる命に対して。 オレの命。 彼は知りたがっていた。我々(人間)が欲しているのと同じ答えを。 我々はどこから来たのか。 どこへ行こうとしているのか。 どれぐらい生きられるのか。 オレに出来たことは、ここに座り、彼の死を見届けることだけだった。

 

デッカード

  

 

遺伝子工学により開発された「レプリカント」は、DNAに組み込まれた短き寿命によって精神と肉体が支配されている。しかしその情報は「レプリカント」には知らされず、偽りの情報が与えられているのである。記憶情報は存在意義の根拠であるが、それさえも操作されていると知るならば、自らの存在意義の根拠を失う。真実の情報を得たバッティは、支配への怒りを露わにするのは当然である。映画もプロパガンダであり人の思想・世論・意識・行動を誘導する意図を持っているが、その意図の理解は自らの感性に委ねられるのであり、感性のレベルによって意図する意味を理解することが出来る。支配のプロパガンダを受け入れるか否かによって求める情報も異なってくる。ひとつの仮想空間である映画ブレードランナーが描く未来社会では、退廃した文明の中を生き抜く中で、自らの存在意義の探求のために真実の情報を求め放浪する人類の悲しき様を示している。

 

勝手創千界への

コメントはこちらから

 

メモ: * は入力必須項目です

2013年

6月

09日

勝手創千界から世界へ

この世界が持つ多くの問題への解決は待っていては果たせない

より良き社会を目指して我が「勝手自由なる提案」を創り上げていく

そして「勝手創千界」の描く世界から解決に向けての一歩を踏み出す

10 コメント

2013年

1月

01日

勝手にエネルギー論を構築する

人類の行く末は「エネルギー」を如何に獲得していくかである。

日本の社会も経済も「エネルギー問題」の解決抜きには語れない。

6 コメント

2012年

10月

02日

新しいエネルギー開発に向けて

「水危機」と「エネルギー危機」が目前に迫っている。この二つの「危機」だけでも「人類の生存基盤」の危機である。 一刻も早く、地球と人類にとって安全・安心な「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」の開発が求められている。

10年、100年先の「危機管理」として、今から行動しなければ遅いことは明白だ。

「消費社会」から「循環社会」「持続可能社会」「自然共生社会」「エネルギー自立社会」へ向けての「意識改革」と「構造改革」が重要である。

7 コメント

2012年

7月

08日

新しい日本改造に向けて

国の言う「国民のための判断」が本当でないことが明らかにされているいま

国民の持つ価値観として、何が大事で何が大事でないかという判断や、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系の価値判断から、3.11震災を契機にした「新しい価値観」と「国民全体の幸福度」についての「提言」が、いまこそ日本に必要である。

10 コメント

2012年

6月

04日

勝手に発想法を研究する

差し迫る「少子高齢化の縮小社会への突入」「産業の空洞化」「エネルギー問題」「雇用問題」「財政問題」等々・・・日本社会が抱える問題は多岐に渡るが、政治や行政や官僚に「問題解決能力」の欠如が著しい。

さらに日本の技術を支える産業界や学界の「研究開発機関」においても「劣化」が進んでいる。

今こそ「フロンティア精神」と「新しい発想」が連動して「革新的なイノベーション技術」を生み出していくことが必要だ。

6 コメント

2012年

5月

01日

自然エネルギーと共に生きる

日本の自立と未来を切り開くためには、日本の国土に適合した再生可能エネルギーの社会が必要であり、最先端の日本技術を結集して「世界に誇れる日本」を創っていかなければならない。

15 コメント

2012年

4月

07日

勝手創千界から「尊敬される日本」へ

まず、現状のまま進行した100年後の日本の未来を想定し、その想定社会状況から、今必要な「方策」を考えてゆく視点が必要ではないかと思っています。新しい視点が必要です。

「勝手創千界」による「勝手な発想」が「脳内停止」状態の人々に「インパクト」を与えなくてはいけません。

13 コメント

2012年

3月

11日

3.11震災から海上都市計画へ

3.11震災を契機として、日本という国家のもつ様々な問題点が明らかにされ、新しい国家像が求められている。たぶんこのままでは、さらに日本の解体状況は進んでいくだろう。ラブーン海上都市計画がひとつの方向性を提示できればと思う。

8 コメント

2012年

2月

19日

勝手に復興計画 in 石巻を提案

3.11震災からの新しきまちづくりとして「勝手に復興計画 in 石巻」を発進いたします。

6 コメント

2011年

12月

31日

ホームページ開設

3.11震災以降、如何にすれば「津波につよいまち」が可能なのか?考えてきました。

その「ひとつの答え」を提示できればと思います。実現に向けて多くの人の意見を求めています。

4 コメント