ロード・オブ・ザ・リングの世界観

 

ロード・オブ・ザ・リングの世界観


 

人口減による縮小社会を目前にして、この社会は大きく変わろうとしているのだろうか。自らの感受性の問題ではあるが、何か底知れぬ恐怖感が社会に蔓延している様相である。ひとつの文明が終焉を向かえることは宿命ではあるが、既存の体制が混乱し崩壊していくことを良しとしない人にとっては、縮小化によって形骸化し機能不全している体制維持に奔走し、抑圧と支配が自己目的化するのである。この狂気の支配に対峙していくには、様々な社会現象の原因と結果の評価分析を自らの知的情報の構築と自己選択による行動によってしか果たせない。それは自らの生き方による選択の問題なのである。

 

 

この世は人の欲望が支配する狂気社会である。人類の本能として具わっている欲の精神世界が実体社会を創り出しているのであり、見渡せば果てしない欲望渦巻く世界である。人は欲の塊りであり、欲望を抑えることが出来ず無欲さえもが欲である。それは欲の語源が、空いた穴に水が流れ込む様を表す如く勢いよく止めなく全てを飲み込もうとする人類だけが持つ精神の根源であり行動の基本であり、欲望がこの社会を形成している。欲望世界がこの世の真実である。そして自らを映し出す鏡の中に狂気と悲しさを纏うゴラムが観える。

 

 

物欲と支配欲に塗れ、損得でしか価値判断をしようとしない人同士の争いが今も続いている。この社会は我欲である私利私欲の強き者が勝者として讃えられ、無欲な者は弱き者として虐げられている。支配層によって欲の争いが演出され、あらゆる局面において欺瞞と嘘に満ちている。残忍さ、邪悪さ、そして生きるものすべてを支配したいという欲望を注ぎ込んだ闇の冥王サウロンの指輪の魔力の如く、現代社会は欲の魔力によって支配され、悲惨な争いから抜け出すことが出来ないでいる愚かで稚拙な人類が、何十億も地球上に存在しているのである。

 

 

この世にとって何が正義で、何が悪なのかの理解と判断は不確定である。今の宗教戦争のなかに社会正義など存在しているのだろうか。自らの神を信じない者は全て悪であり邪悪で殺戮の根拠とされている。宗教支配など人類だけがもつ最も愚かな欲であろう。本来何かを信じることなど最も私的な思想であるはずだ。個の持つ思想の支配など出来るはずもないのだが、欲が興じると他者の思想さえも支配できると勘違いし、狂気なる支配社会が形成される。そして人は醜悪な容姿に残忍な性格を持つオークと化すのである。

 

 

人類の生存を可能にしているのは、自然という環境が生み出す空気であり、水であり、食糧であり、宇宙から降り注ぐ太陽光に代表される地球環境の恩恵の中で生いるのであり、人は神という支配者によって生かされているわけではないだろう。滅びゆく人類の思想は支配の道具と化した宗教によって狂気へと変わってゆく。まるでサウロンの指輪を追い求めるように、所有欲や支配欲の先には破滅と滅びしかないとしても、現代人はオークの如く欲望を抑える理性が欠けているために、果てしない欲を追い求めて止むことがなく、無益な争いが繰り拡げられている。

 

 

永遠なるものなど何一つない無いにもかかわらず、支配者は永遠の支配を求めて止まない。永遠の社会、永遠の文明、永遠の宗教世界と言うものは支配のための虚言であり嘘で塗り固められている。人は肉体的にも精神的にも脆弱であり、寿命はたかだか数十年である。それは地球の歴史から見ればほんの一瞬の時間のなかだけの儚い存在であるために、その弱さゆえに永遠なるものを求める。そして滅びの山に向かうビルボも欲が生み出す永遠の力への幻想によって苦しめられる。人の欲がもつ果てしない流転の先に東洋思想の解脱による超越的精神力がひとつの解決を生み出す。解脱とは永遠の時間軸ではなく、時空間を超越する一瞬の時間軸の中に生じる自由意識領域であって、本能が持つ支配欲からの解放が可能となる精神領域である。

 

 

人は感情と言う精神領域によって行動が選択されている。その領域は社会が持つ波動に共振し共鳴することによって行動が影響される。人同士の争いの原因である底知れぬ恐怖感と他者への憎悪の真相は、抑えようのない箍の外れた欲望による精神領域の支配にある。まさに狂気の完全なる支配である。この文明は、肉体を持たない闇の冥王サウロンの目によって管理された狂気世界の如く、恐怖と憎悪による支配の繰り返しであり、肉体も精神をも支配された悲惨な殺し合いが、文明が滅ぶまで止むことはない。支配と解放、悪と正義、不幸と幸せという定義も立場によっては捉え方が異なっている。その全てが不確実の世界にあって真実は見えてこないが、欲である煩悩による繋縛から精神的に解き放たれて、全ての執着を離れることで覚醒し、迷いをもつ苦悩の世界から静かなる悟りの世界を目指すなかに真実と果たすべき使命が浮かび上がる。

 

 

この時代は、数百年、数千年後に如何なる神話として人々に語られるのだろうか。人類の文明など存在しているのかも疑わしいが、闇の冥王サウロンの世界の如く人類の醜き欲望に支配された狂気の時代として刻まれていることは確かだろう。人それぞれの生命体としての使命を自覚するためには生々流転の長い時間が必要である。そしてその道程が厳しければ厳しいほどに思想の深化を果たすことが可能となる。稚拙で浅はかなる現代人に比べて、永遠の命をもつエルフの眼差しは深淵であり、悲しみに満ちている。緻密な哲学的幻想(ファンタジー)の中の伝説空間に於ける試行錯誤を読み解くことが自由思想の深化を果たすことになる。

 

 

理想郷としての輝かしい文明などは捏造された歴史書のなかにしかなく、天国や地獄などの宗教的世界観も支配のために造られた虚像である。果てしない支配欲に対峙する自由なる思想は、自由なる世界観から生まれる。そして自らのもつ欲望を超越する世界観のなかで生きる確かなる術を得ることが必要だ。人の持つ五感と感性を研ぎ澄まし、高次元の観ることのできない領域を理解し、そこにこそ真実と呼べる世界が存在していることを知る。人それぞれが、切なさと悲しみと歓喜の感性のなかで自らのもつ生きている意味と役割を自覚し、苦しみの我欲を超越した解脱者としての道程を歩むなかに真の理想郷が実体化する。


 

人の持つ創造力が哲学的幻想(ファンタジー)である仮想空間を生み出す。人が生きている領域は現実空間だけにあるのではなく、仮想空間の中に於いても生きているのである。現実と仮想との境界線は、人それぞれの意識領域の中にある。文字や映像で構築された世界は幻想であったとしても、人の意識に影響を及ぼすことができたとしたら、幻想は現実化されるのである。この時空間に存在する知的生命体としての人類の価値と意義は、果てしない欲望を満たすための争いに明け暮れることではないだろう。ロード・オブ・ザ・リングの世界観は自らの知性として現実化する。

勝手創千界への

コメントはこちらから

 

メモ: * は入力必須項目です

2013年

6月

09日

勝手創千界から世界へ

この世界が持つ多くの問題への解決は待っていては果たせない

より良き社会を目指して我が「勝手自由なる提案」を創り上げていく

そして「勝手創千界」の描く世界から解決に向けての一歩を踏み出す

10 コメント

2013年

1月

01日

勝手にエネルギー論を構築する

人類の行く末は「エネルギー」を如何に獲得していくかである。

日本の社会も経済も「エネルギー問題」の解決抜きには語れない。

6 コメント

2012年

10月

02日

新しいエネルギー開発に向けて

「水危機」と「エネルギー危機」が目前に迫っている。この二つの「危機」だけでも「人類の生存基盤」の危機である。 一刻も早く、地球と人類にとって安全・安心な「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」の開発が求められている。

10年、100年先の「危機管理」として、今から行動しなければ遅いことは明白だ。

「消費社会」から「循環社会」「持続可能社会」「自然共生社会」「エネルギー自立社会」へ向けての「意識改革」と「構造改革」が重要である。

7 コメント

2012年

7月

08日

新しい日本改造に向けて

国の言う「国民のための判断」が本当でないことが明らかにされているいま

国民の持つ価値観として、何が大事で何が大事でないかという判断や、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系の価値判断から、3.11震災を契機にした「新しい価値観」と「国民全体の幸福度」についての「提言」が、いまこそ日本に必要である。

10 コメント

2012年

6月

04日

勝手に発想法を研究する

差し迫る「少子高齢化の縮小社会への突入」「産業の空洞化」「エネルギー問題」「雇用問題」「財政問題」等々・・・日本社会が抱える問題は多岐に渡るが、政治や行政や官僚に「問題解決能力」の欠如が著しい。

さらに日本の技術を支える産業界や学界の「研究開発機関」においても「劣化」が進んでいる。

今こそ「フロンティア精神」と「新しい発想」が連動して「革新的なイノベーション技術」を生み出していくことが必要だ。

6 コメント

2012年

5月

01日

自然エネルギーと共に生きる

日本の自立と未来を切り開くためには、日本の国土に適合した再生可能エネルギーの社会が必要であり、最先端の日本技術を結集して「世界に誇れる日本」を創っていかなければならない。

15 コメント

2012年

4月

07日

勝手創千界から「尊敬される日本」へ

まず、現状のまま進行した100年後の日本の未来を想定し、その想定社会状況から、今必要な「方策」を考えてゆく視点が必要ではないかと思っています。新しい視点が必要です。

「勝手創千界」による「勝手な発想」が「脳内停止」状態の人々に「インパクト」を与えなくてはいけません。

13 コメント

2012年

3月

11日

3.11震災から海上都市計画へ

3.11震災を契機として、日本という国家のもつ様々な問題点が明らかにされ、新しい国家像が求められている。たぶんこのままでは、さらに日本の解体状況は進んでいくだろう。ラブーン海上都市計画がひとつの方向性を提示できればと思う。

8 コメント

2012年

2月

19日

勝手に復興計画 in 石巻を提案

3.11震災からの新しきまちづくりとして「勝手に復興計画 in 石巻」を発進いたします。

6 コメント

2011年

12月

31日

ホームページ開設

3.11震災以降、如何にすれば「津波につよいまち」が可能なのか?考えてきました。

その「ひとつの答え」を提示できればと思います。実現に向けて多くの人の意見を求めています。

4 コメント