横山大観 1923年大正12年《生々流転》から学ぶ


 生々流転

 

横山大観(1868-1958)

 

Metempsychosis

1923(大正12)年

絹本墨画、画巻 55.3×4070cm

sumi on silk, scroll

第10回院展

重要文化財

 

  

http://www.momat.go.jp/Flash/taikan/taikan.html

 


「雲烟漂う山中で葉末に宿った霧のしたたりが渓流となり、水勢を増して千仞の岩壁にしぶきをあげ、山間の人里をぬけ、丘や山をこえていくうちに支流を集めて川となり、水郷を形成する悠々たる大江となって海へそそぎ、逆まく怒涛のうちに雲を呼ぶ。目に映るのはこうした変転きわまりない水の様相である。しかし、それはかたちを借りて現れた、生々流転の相にすぎず、味到すべきは、大観55歳にして達観された、相をこえた想、つまり、その一語にすべてがつくされるような「生々流転」の真理でなくてはならない。全巻に展開する流転の相、すなわち、かたちによって成り立つ実在は、その奥にあるべきかたちなき本質の仮象にすぎないとみられるからである。露、滴、渓流といったそれぞれの仮象の奥に、すべてを通じて動いてやまぬかたちなき水の真相に想い到る時、そこに水と一如とならんとする大観の精神そのものを発見する。展開する風景は、融通無礙、水の随処から、動いてやまぬ精神によって眺められている感がある。実在の仮象界をこえた空の世界に存する識心が、「生々流転」の真理をきわめつつ自然界の流転相をたのしむ、禅定の深妙なる境地を、水里画と絵巻物の原理にのっとって表現しようとしたと見るべきだろう。大観はそれまでにも、1910年の〈楚水の巻〉以来いくつかの水墨画巻を描いている。それらはいずれも実景に取材したものであったが、その過程で水墨表現の本質と絵巻物形式の原理を会得した画家は、逆にその伝枕的な方式の究理的実現へと駆られて、実在の奥をきわめた自由な精神に映る流転の相をテーマとして着想したのではなかっただろうか。」

 

http://bunka.nii.ac.jp/db/SearchDetail.do?heritageId=94153

 

横山大観について

 

横山 大観(よこやま たいかん、正字体:大觀、明治元年9月18日(1868年11月2日) - 昭和33年(1958年)2月26日)は、戦前の日本の美術家。日本画家。茨城県水戸市出身。近代日本画壇の巨匠であり、今日「朦朧体」と呼ばれる、線描を抑えた独特の没線描法を確立した。帝国美術院会員。第一回文化勲章受章。死後、正三位勲一等旭日大綬章を追贈された。茨城県名誉県民。東京都台東区名誉区民。本名、横山秀麿(-ひでまろ)。

 

経歴

 

明治元年(1868年)、旧水戸藩藩士・酒井捨彦の長男として生まれる。府立一中卒業後、私立の東京英語学校在学中に絵画に興味を抱き、洋画家・渡辺文三郎に鉛筆画を学ぶ。明治21年(1888年)、母方の縁戚である横山家の養子となる。同時期、狩野派の巨匠狩野芳崖などに教えを受ける。翌明治22年(1889年)、東京美術学校に第一期生として入学。岡倉天心、橋本雅邦らに学ぶ。同期生には菱田春草、下村観山、西郷孤月などがいる。美術学校卒業後、京都に移り仏画の研究を始め、同時に京都市立美術工芸学校予備科教員となる。またこの頃より雅号「大観」を使い始めるようになる。明治29年(1896年)、同職を辞すと、母校・東京美術学校の助教授に就任した。しかし2年後に校長・岡倉天心への排斥運動が起こり、岡倉が失脚。岡倉を師と仰ぐ大観はこれに従って助教授職を辞し、同年日本美術院創設に参加する。美術院の活動の中で、大観は菱田春草と共に西洋画の画法を取り入れた新たな画風の研究を重ね、やがて線描を大胆に抑えた没線描法の絵画を次々に発表する。しかしその先進的な画風は当時の画壇の守旧派から猛烈な批判を浴びた。現在ではその画風を的確に表す言葉とされる『朦朧体』という呼称も、当初は「勢いに欠ける、曖昧でぼんやりとした画風」という意味で、批判的に使用された言葉であった。保守的風潮の強い国内での活動が行き詰まりを見せはじめたため、大観は菱田と共に海外に渡り、カルカッタ、ニューヨーク、ボストンで相次いで展覧会を開き、高い評価を得た。その後ヨーロッパに渡り、ロンドン、ベルリン、パリでも展覧会を開き、ここでも高い評価を受ける。この欧米での高評価を受けて日本国内でもその画風が評価され始め、1907年にはこの年より始まった文部省美術展覧会(文展)の審査員を務め、大正2年(1913年)には守旧派に押されて活動が途絶えていた日本美術院の再興に至った。以後、日本画壇の重鎮として確固たる地位を築き、1934年朝日文化賞受賞、昭和10年(1935年)には帝国美術院会員となり、昭和12年(1937年)にはこの年制定された第一回文化勲章の受章者となった。同年帝国芸術院会員。戦後になると、1951年日本美術院会員を辞す。51年文化功労者。昭和32年(1957年)2月26日、東京都台東区にある自宅にて89歳で死去。永年に渡る日本美術発展への貢献により正三位に叙せられ、勲一等旭日大綬章を贈られた。脳は、現在もアルコール漬けにされた状態で東京大学医学部に保管されている。

 

代表作

 

・『無我』1897年 東京国立博物館蔵

・『屈原』1898年 厳島神社蔵

・『流燈』1909年 茨城県近代美術館蔵

・『蕭湘八景』1912年 東京国立博物館蔵 ※重要文化財

・『生々流転』1923年 東京国立近代美術館蔵 ※重要文化財

・『夜桜』1929年 大倉集古館蔵

・『大楠公』1938年 湊川神社蔵

・『或る日の太平洋』1952年 東京国立近代美術館蔵

 

 

 

[] 横山大観「生々流転」

 

http://d.hatena.ne.jp/gravity2/20051104/p1

 

現在ここには、横山大観の「生々流転」という水墨画が展示されています。この作品は、40mにも及ぶ大変長い画面の作品で、深山幽谷から水の滴が生じて集まり川となり、次第に広さを増して雄大な大海に注ぎ、最後には竜となって昇天していくという水の一生を描いた絵です。この作品は2回に分けて公開されていて、11月の前半まではその前半部が公開されています。「生々流転」というのは、「万物が永遠に生死を繰り返し、絶えず移り変わってゆくこと」を意味します。大観はその事を表現するために、天地を循環し、色・形を持たず、絶えず変わっていく水という物質を選びました。昔から東洋には人の行動規範を天地自然の世界に求めていくという思想があり、人間の作り出した学問も文明も、大自然の営みに比べれば取るに足りないものと考える思想がありました。

 

例えば中国の「老子」では

 

老子第8章

道に適ったまことの善は水のようなものだ。いったい水は、人や万物に多大な利益をもたらすが、低いほうに流れて決して争うことをせず、人々の嫌がる低湿の地を居所としている。それゆえ、このような水のあり方は「道」に近いといえよう。

水のあり方に実を体した人は、居所としては大地の上を善いとし、心のあり方としては淵のように深く静かであるのを善いとし、人と交わるには情け深いことを善しとし、もの言うには誠実であることを善いとし、施政の場では治まることを善いとし、事にあたっては有能であることを善いとし、行動を起こすには時宜に適うことを善いとする。

そもそも水のあり方を身に体した人は決して争うことをしない、だから災いをこうむることもないのだ。(「老子」を読む(楠山春樹)から引用)

 

のように、水のあり方に人間が従うべき理想のあり方があるとされています。ここで「道」というのは天地造化のエネルギー、この世界の有るものを支え、自然界に秩序をもたらし、天地という物以前の無名の物とされています。つまり、水というのは「道」のあり方に沿っているもので、この水のあり方が人のもっとも善いあり方だと述べているのです。

 

さて、私はこの絵を右から左に見ていて少し気になる所があります。今日はそれをここに記録しておこうと思ったのでこの日記を書いています。それというのは水の始まりの所です。さて「生々流転」という世界の理を描きだそうとするとき、先ずはじめの何かが生じる所、ここでは対象となる水が始まるところはどのように描き表そうとするのでしょうか。逆から考えいくと、雄大な川を遡っていき、次第に巌のせり出す断崖絶壁の渓流を越え、山の深く清水の湧き出す所、その湧き出す水の浸み込む所、霧がかった山の葉からうっすらと水滴が滴り落ちる所、そしてその霧という雲という大気の湿り気を生じるところなどが創造されるでしょう。逆の最たるところ、海の所では竜が空に昇天していくのですから、蛇の尾を噛む所、循環している所に行き着くはずです。

 

山桜が音もなく散り始める、ひっそりと静まりかえった山中。雲煙は樹木を濡らし、葉を伝って一粒の水滴となり大地にしみこみます。湧き水は幾筋かのせせなぎとなり、それらが集まってつくる渓流は~

 

これは美術館のパンフレットの紹介文なのですが、確かに絵の始まりの淡い色で描かれる所は、この紹介文で示されているような霧が深く形の定かでない深山から始まるのですが、竜の昇天していく所、水という形なきものを生み出す元のもの、大気であったり、無であったりという「空白の領域」がこの説明には含まれていないように思います。実際に絵を見ても、すぐに淡い色の部分が始まって空白の部分は示されてはいないのですが、端の方をを見てみると、まるまって巻いてある部分があり、この部分に何かが描かれているということは絶対にないのですが、そこにはすべての始まりの空白が託されているのではないかと、その「空」の部分を見せた上でないとこの「生々流転」という言葉の意味は尽くされないのではないかと感じました。水墨画では、キャンバスのすべてを塗る西洋画とは違って空白の部分にも重要な意味があるはずです。まあ、といってもかってに思ってるだけなので、確認のしようもありませんし、そういう事を考えたということだけです。最後に空について「老子」からもう一つ引用して終わります。最初は原文を載せようと思いましたが、漢文なのでレや一二をどうしようか迷って結局通解を引用することにしました。

 

老子第11章

三十本の輻が一つのこしきに集まって車輪が形作られるが、それが車輪として役に立つのは、こしきの中央に軸を通すための穴が空いているからである。粘土をこねて食器を作るが、それが食器として役立つのは、内側が空っぽになっているからである。戸や窓をあけて家を作るが、それが家として役立つのは、内に空間があるからである。

つまり車輪・食器・家といった有形のものが役に立つのも、空間という無形のはたらきがあってのことなのだ。(「老子」を読む(楠山春樹)から引用)

 

 

 

横山大観作 天井絵「龍」 ( 横十尺 縦六尺 )

 

 

生生流転

 

作詩・作曲: さだまさし

 

ああ あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ 前のめりに生きたい ひたすら生きてゆきたい

 

鳥は空で生まれて 魚は海に生まれたのなら

時間と呼ばれる 長い長い河の中で

きっとわたしは生まれた

生きるという奇蹟を 思い切り信じて過ごしたい

喜びと悲しみと憎しみと愛と死を

つまづき乍らでいいから いつくしむ人になりたい

 

ああ  あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ  とても優しくなりたい 素直に生きてゆきたい

 

道に迷い苦しみ 時には人のそしりを受けて

それでも笑って 胸張って生きられる程

強く強くなりたい

こんな小さな生命 それでもわたしにたったひとつ

逃げたあと悔やむより悔やまずに血を吐いて

ひたむきに歩ける程 勇気とちからが欲しい

 

ああ  あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ  前のめりに生きたい ひたすら生きてゆきたい

 

ああ  あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ  とても優しくなりたい 素直に生きてゆきたい

 

ああ  あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ  前のめりに生きたい ひたすら生きてゆきたい

 

ああ  あたりまえに生きたい ささやかでいいから

ああ  とても優しくなりたい 素直に生きてゆきたい

 

 

勝手創千界への

コメントはこちらから

 

メモ: * は入力必須項目です

2013年

6月

09日

勝手創千界から世界へ

この世界が持つ多くの問題への解決は待っていては果たせない

より良き社会を目指して我が「勝手自由なる提案」を創り上げていく

そして「勝手創千界」の描く世界から解決に向けての一歩を踏み出す

10 コメント

2013年

1月

01日

勝手にエネルギー論を構築する

人類の行く末は「エネルギー」を如何に獲得していくかである。

日本の社会も経済も「エネルギー問題」の解決抜きには語れない。

6 コメント

2012年

10月

02日

新しいエネルギー開発に向けて

「水危機」と「エネルギー危機」が目前に迫っている。この二つの「危機」だけでも「人類の生存基盤」の危機である。 一刻も早く、地球と人類にとって安全・安心な「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」の開発が求められている。

10年、100年先の「危機管理」として、今から行動しなければ遅いことは明白だ。

「消費社会」から「循環社会」「持続可能社会」「自然共生社会」「エネルギー自立社会」へ向けての「意識改革」と「構造改革」が重要である。

7 コメント

2012年

7月

08日

新しい日本改造に向けて

国の言う「国民のための判断」が本当でないことが明らかにされているいま

国民の持つ価値観として、何が大事で何が大事でないかという判断や、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系の価値判断から、3.11震災を契機にした「新しい価値観」と「国民全体の幸福度」についての「提言」が、いまこそ日本に必要である。

10 コメント

2012年

6月

04日

勝手に発想法を研究する

差し迫る「少子高齢化の縮小社会への突入」「産業の空洞化」「エネルギー問題」「雇用問題」「財政問題」等々・・・日本社会が抱える問題は多岐に渡るが、政治や行政や官僚に「問題解決能力」の欠如が著しい。

さらに日本の技術を支える産業界や学界の「研究開発機関」においても「劣化」が進んでいる。

今こそ「フロンティア精神」と「新しい発想」が連動して「革新的なイノベーション技術」を生み出していくことが必要だ。

6 コメント

2012年

5月

01日

自然エネルギーと共に生きる

日本の自立と未来を切り開くためには、日本の国土に適合した再生可能エネルギーの社会が必要であり、最先端の日本技術を結集して「世界に誇れる日本」を創っていかなければならない。

15 コメント

2012年

4月

07日

勝手創千界から「尊敬される日本」へ

まず、現状のまま進行した100年後の日本の未来を想定し、その想定社会状況から、今必要な「方策」を考えてゆく視点が必要ではないかと思っています。新しい視点が必要です。

「勝手創千界」による「勝手な発想」が「脳内停止」状態の人々に「インパクト」を与えなくてはいけません。

13 コメント

2012年

3月

11日

3.11震災から海上都市計画へ

3.11震災を契機として、日本という国家のもつ様々な問題点が明らかにされ、新しい国家像が求められている。たぶんこのままでは、さらに日本の解体状況は進んでいくだろう。ラブーン海上都市計画がひとつの方向性を提示できればと思う。

8 コメント

2012年

2月

19日

勝手に復興計画 in 石巻を提案

3.11震災からの新しきまちづくりとして「勝手に復興計画 in 石巻」を発進いたします。

6 コメント

2011年

12月

31日

ホームページ開設

3.11震災以降、如何にすれば「津波につよいまち」が可能なのか?考えてきました。

その「ひとつの答え」を提示できればと思います。実現に向けて多くの人の意見を求めています。

4 コメント