我が歌の心 (1)

 歌姫 山下ヤスミン


1 白い雪

2 愛は花、君はその種子

3 昭和最後の秋のこと



4 吾亦紅
5 Como É Grande O Meu Amor Por Você
6 悲恋歌
7 愛の伝説



8 愛のうた

9 Força Estranha

10 白い雪


 歌姫 平原綾香

 

My Road

 

平原綾香

作曲:堀向彦輝
作詞︰松井五郎

 

泣きたいほどがんばって歩き続けても

立ち止まれば空はただ果てしなく広がる

この世界は私になにができるのかをいま試してる

 

だけど
傷つきながら苦しみながら心は強くなれる

いつもここから先へ遥かな先へ風が導く方へ

夢の向こうに光は在る

 

It’s my road

 

時が何処へ流れるか神様は言わない

花の色がさめるのを止めることはできない

生まれてきた理由がなにか探しながらまた次へ行こう

 

そして
あなたのために生きることからつながる道になる

 

いつも
まだ見ぬ場所へ次の季節へ風が漂う方へ

いつかかならずたどり着ける きっと

 

そうよ
涙をふいて振り向かないで決してあきらめないで

 

いつも
ここから先へ遥かな先へ私が決める方へ

夢の向こうに答えは在る

 

It’s my road

 

 

Jupiter

 

平原綾香

作詞:吉元由美

作曲:G.Holst

 

Every day I listen to my heart

ひとりじゃない

深い胸の奥で つながってる

果てしない時を越えて 輝く星が

出会えた奇跡 教えてくれる

 

Every day I listen to my heart

ひとりじゃない

この宇宙の御胸に 抱かれて

私のこの両手で 何ができるの?

痛みに触れさせて そっと目を閉じて

夢を失うよりも 悲しいことは

自分を信じてあげられないこと

 

愛を学ぶために 孤独があるなら

意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ

あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて

命のぬくもり 感じて

 

私たちは誰も ひとりじゃない

ありのままでずっと 愛されてる

望むように生きて 輝く未来を

いつまでも歌うわ あなたのために

 

 

孤独の向こう

 

作曲:川江美奈子

作詞:川江美奈子

 

もしあなたが旅立つなら
そっと笑って手をふろう

もしあなたが傷ついたら
新しい風に誘おう
寂しさ 悔しさ 哀しさ いとしさ
それは自分で選ぶもの

今を今を見つけた日々は
何も失うものなどない
だから私は搖れることない
道を步いてく

ただひとつになりたくて
不安に泣いた日々がある

いまこんなに寄り添っても
違う夜空を見上げてる
おしえて きかせて 抱いた景色を
それはあなただけのもの

伝う伝う思いかさねて
並んだ夢を照らしあって
そして朝にはまた別々の
空を見上げよう


孤獨に瞳そむけた日々は
誰の愛さえ見えなかった
あのときよりも溫 かい手を
ちゃんと感じてる
孤獨を知って あなたを知った
明日はきっと輝くだろう
だから私は搖れることない
道を步いてく

だから私は搖れることない
道を步いてく

 

NOT A LOVE SONG

 

作詞:aika・Nicolas Farmakalidis

 

作曲:Nicolas Farmakalidis・aika


もし 明日が目の前で
Stop 呼吸を止めたら
そう やっとぼくらは
Oh 小ささに気付くんだ

If this was the last day on this earth
何を 残して来れたかい
If this was the last day on this earth
何を 愛せて来れたかい
But this is not a love song
今 響いた言葉は
This is not a love song
今 感じていかなきゃ

Yeah…

Look 星空は照らし
The sky 命 見守ってるのに
僕ら人間ってものは目にしたものさえ
すぐに忘れていくから

If this was the last day on this earth
君は覚えていられるかい
If this was the last day on this earth
どれほど愛されていたかを
But this is not a love song
今 感じる想いは
This is not a love song
今 伝えていかなきゃ

Who said that
Who did what
We messed up to come as one
I've been thinking of you
I've been thinking of me
Now I'm thinking of everybody
I've been thinking of this earth
I've been thinking of this world
Now it's time to save what's left

If this was the last day on this earth
何を 残して来れたかい
If this was the last day on this earth
何を 愛せて来れたかい
But this is not a love song
今 響いた言葉は
This is not a love song
今 感じて

If this was the last day on this earth
君は覚えていられるかい
If this was the last day on this earth
どれほど愛されていたかを
This is not a love song
今 感じる想いは
This is not a love song
今 伝えていかなきゃ

 

スタート・ライン
作詞:平原綾香
作曲:沢田完

花のやさしさも 海の果てない深さも
僕は知ってる ただ、他の誰よりも
愛されることを知らないだけ

ビルの隙間から見えた大きな太陽は
涙でにじんだ僕を透かして
悲しみを空へ帰した

走り続けたい どんなに傷ついても
いつか僕は新しい スタート・ラインに立つ
走り続けたい どんなことがあっても
神さまがくれた スタート・ラインだから

電線にからまった雲がちぎれてゆく
なぜ あの時、強く抱き締めて
微笑んであげられなかった?

もしも許されるのなら 失ったあの日に戻って
後悔が残したこの両手で もうひとりにはさせない

守り続けたい 愛がここにある
いつか僕は新しい スタート・ラインに立つ
走り続けたい どんなことがあっても
神様がくれた スタート・ラインだから

守り続けたい 愛がここにある
いつか僕は新しい スタート・ラインに立つ
走り続けたい どんなことがあっても
神様がくれた スタート・ラインだから

 

威風堂々 

 

作詞:平原綾香

作曲:Edward William Elgar

 


少し冷たい風 壞れそうな心 見ていた
負けない…だから精一杯 僕らは今を生きてる
don't be afraid... oh, my friends どんな時も忘れないよ

上り下りの一本道に 僕らはどうして迷うのだろう

迷うのだろう 何度だって立ち上がれ oh-oh

 

果てない空へ 夢をのせて 僕らは歌うよ  苦しいときも

夢に届け 力の限り 誰かと同じように見えても

ひとりしかいないから あきらめないよ 僕である限り

 

 

明日

 

作詞:松井五郎

作曲:Andre Gagnon

 

ずっとそばにいると あんなに言ったのに

今はひとり見てる夜空 はかない約束

 

きっとこの街なら どこかですれちがう

そんなときは笑いながら 逢えたらいいのに

 

もう泣かない もう負けない

想い出を越えられる 明日があるから

 

そっと閉じた本に 続きがあるなら

まだなんにも書かれてない ページがあるだけ

 

もう泣かない もう逃げない

なつかしい夢だって 終わりじゃないもの

 

あの星屑 あの輝き

手を伸ばしていま 心にしまおう

明日は新しい わたしがはじまる

 

 

Wall

 

作詞:松井五郎

作曲:HITVISION&小松清人
編曲:HITVISION

 

いつからかひとりで壁を積み上げた誰にも

悟られないまなざしで枯れない花育てようと

ここにいさえすればなにも失くさない好きなものだけ

集めずっと守られてる 

 

なのに遠くに見えたきりがない雲の行方を探す

どうしてどうして苦しみながら羽を廣げてる

 

たわいない言葉も深い傷になる誰かを愛そうとする強さは

越えられない線も引く流れが決めたこと心が逆らう

 

自分がいる場所はもっとほかにもあるならばどこかで響く

果てしない 風の音に應えよう

 

どんなにどんなに冷たい聲が混ざり聽こえても

ふれるまでは認めないいつでもすぐにないものを疑う

 

その先に行ってみれば次がわかる次へ行ける

遠くに見えたきりがない雲の行方 探そう

どんなにどんなに苦しみながら羽を廣げてでも

羽を廣げてでも

 

 

誓い

 

作詞:小林建樹

作曲:小林建樹

編曲:龜田誠治


願いを こめた流れ星が 夜空を驅けてく
目指した場所までは遠くて ため息 こぼれる

たしかな想いは 屆くはず

胸に誓うよ 永遠(とわ)に果てしない道も
乘り越えてゆくと
たどり著くまで そのときまではきっと
あきらめないから

ゴ一ルは終わりじゃなくて
また 次への始まり
扉を開ければ 續いてる まぶしい世界が

期待と不安で 加速する

風が走るよ 生まれたての景色に
胸が高鳴る
迷わずゆくよ 見慣れた世界を背に
新しい舞台へ

祝福の鐘を空に鳴らし
大切な人に屆けよう

風が走るよ 生まれたての明日に
胸が高鳴る
ふりかえらずに このまま步き出そう
新しい舞台へ

胸に誓うよ 永遠(とわ)に果てしない道も
乘り越えてゆくと
たどり著くまで そのときまではきっと
あきらめないから

重ねた手にはずっと
光續ける 誓いを

 

たしかなこと

 

作詞:小田和正

作曲:小田和正


雨上がりの空を見ていた
通り過ぎてゆく人の中で
哀しみは絕えないから
小さな幸せに 氣づかないんだろ

時を越えて君を愛せるか
ほんとうに君を守れるか
空を見て考えてた
君のために 今何ができるか

忘れないで どんな時も
きっとそばにいるから
そのために僕らは この場所で
同じ風に吹かれて
同じ時を生きてるんだ

自分のこと大切にして
誰れかのこと そっと想うみたいに
切ないとき ひとりでいないで
遠く 遠く離れていかないで

疑うより信じていたい
たとえ心の傷は消えなくても
なくしたもの探しにいこう
いつか いつの日か見つかるはず

いちばん大切なことは
特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の氣持ちのまゝで
見つめていること

君にまだ 言葉にして
伝えてないことがあるんだ
それは ずっと出會った日から
君を愛しているということ

君は空を見てるか
風の音を聞いてるか
もう二度とこゝへは戾れない
でもそれを哀しいと
決して思わないで

いちばん大切なことは
特別なことではなく
ありふれた日々の中で 君を
今の氣持ちのまゝで
見つめていること

忘れないで どんな時も
きっとそばにいるから
そのために僕らは この場所で
同じ風に吹かれて
同じ時を生きてるんだ

どんな時も
きっとそばにいるから

 

 

勝手創千界への

コメントはこちらから

 

メモ: * は入力必須項目です

2013年

6月

09日

勝手創千界から世界へ

この世界が持つ多くの問題への解決は待っていては果たせない

より良き社会を目指して我が「勝手自由なる提案」を創り上げていく

そして「勝手創千界」の描く世界から解決に向けての一歩を踏み出す

10 コメント

2013年

1月

01日

勝手にエネルギー論を構築する

人類の行く末は「エネルギー」を如何に獲得していくかである。

日本の社会も経済も「エネルギー問題」の解決抜きには語れない。

6 コメント

2012年

10月

02日

新しいエネルギー開発に向けて

「水危機」と「エネルギー危機」が目前に迫っている。この二つの「危機」だけでも「人類の生存基盤」の危機である。 一刻も早く、地球と人類にとって安全・安心な「自然エネルギー」「再生可能エネルギー」の開発が求められている。

10年、100年先の「危機管理」として、今から行動しなければ遅いことは明白だ。

「消費社会」から「循環社会」「持続可能社会」「自然共生社会」「エネルギー自立社会」へ向けての「意識改革」と「構造改革」が重要である。

7 コメント

2012年

7月

08日

新しい日本改造に向けて

国の言う「国民のための判断」が本当でないことが明らかにされているいま

国民の持つ価値観として、何が大事で何が大事でないかという判断や、ものごとの優先順位づけ、ものごとの重み付けの体系の価値判断から、3.11震災を契機にした「新しい価値観」と「国民全体の幸福度」についての「提言」が、いまこそ日本に必要である。

10 コメント

2012年

6月

04日

勝手に発想法を研究する

差し迫る「少子高齢化の縮小社会への突入」「産業の空洞化」「エネルギー問題」「雇用問題」「財政問題」等々・・・日本社会が抱える問題は多岐に渡るが、政治や行政や官僚に「問題解決能力」の欠如が著しい。

さらに日本の技術を支える産業界や学界の「研究開発機関」においても「劣化」が進んでいる。

今こそ「フロンティア精神」と「新しい発想」が連動して「革新的なイノベーション技術」を生み出していくことが必要だ。

6 コメント

2012年

5月

01日

自然エネルギーと共に生きる

日本の自立と未来を切り開くためには、日本の国土に適合した再生可能エネルギーの社会が必要であり、最先端の日本技術を結集して「世界に誇れる日本」を創っていかなければならない。

15 コメント

2012年

4月

07日

勝手創千界から「尊敬される日本」へ

まず、現状のまま進行した100年後の日本の未来を想定し、その想定社会状況から、今必要な「方策」を考えてゆく視点が必要ではないかと思っています。新しい視点が必要です。

「勝手創千界」による「勝手な発想」が「脳内停止」状態の人々に「インパクト」を与えなくてはいけません。

13 コメント

2012年

3月

11日

3.11震災から海上都市計画へ

3.11震災を契機として、日本という国家のもつ様々な問題点が明らかにされ、新しい国家像が求められている。たぶんこのままでは、さらに日本の解体状況は進んでいくだろう。ラブーン海上都市計画がひとつの方向性を提示できればと思う。

8 コメント

2012年

2月

19日

勝手に復興計画 in 石巻を提案

3.11震災からの新しきまちづくりとして「勝手に復興計画 in 石巻」を発進いたします。

6 コメント

2011年

12月

31日

ホームページ開設

3.11震災以降、如何にすれば「津波につよいまち」が可能なのか?考えてきました。

その「ひとつの答え」を提示できればと思います。実現に向けて多くの人の意見を求めています。

4 コメント